トップページ >

 このホームページについて

 色々なものを調べるのに最近インターネットが非常に役に立っています。しかし、研究している人間として、少し細かく自分の専門外の専門的なところを調べようと思うと、日本語のページは非常に少ないことがわかります。特に科学の分野では、教養レベルの内容に関してもWikipediaの内容でさえ、日本語のページは英語のページと比べて大きく劣ります。専門的な内容を学んでいる人達の手助けとなるように、私が関わっている分野や興味のある分野に対して少しずつ書いていこうと思います。気軽に何でも書きます。

熱力学講座

 熱力学は機械系の学科のいわゆる4力学の中では一番簡単であると説明するのですが(流体力学とかとは違い熱力学には足し算、引き算、かけ算、割り算のみで微分方程式を解く必要がない)、中々わかってくれません。私自身、自分が大学院の入試のための勉強で熱力学はほぼ極め、それ以降特に勉強したこともないのですが、そのとき学んだ内容および授業で行った内容をおよそ15回の内容でまとめます。大学の学部生で熱力学を学んでいる人、大学院を受けようと勉強しているが、よくわからない人などを対象にしております。教科書なども紹介いたします。演習問題も沢山ございますが、ご要望が多ければ公開いたします。
Key Word: 熱力学、熱力学基礎、工業熱力学、熱力学の勉強、サイクル、熱力学第一法則、熱力学第二法則、状態変化、湿り蒸気
こちらから

ソフトウェアの開発

 レーザー誘起蛍光法などのレーザー計測、高速度カメラにより撮影した画像の処理、オシロスコープで取り込んだデータの処理など実験を円滑にまた楽に進めるためにはある程度の解析ソフトを作製した方が楽です。また、反応性熱流体の数値計算を行っていますが、それらの結果を視覚的に表示するにはさまざまなパレットに対してコンターを描いたりする必要があります。ある程度バッチ処理ができて、きれいな画像が描けるものが望ましいですが世の中あまりありません。作成したいくつかのアプリケーションを公開いたします。
Key Word: Visual Basic、Fortran、Visual C++、プログラミング
こちらから

製品レビュー

 私は今現在の職業に就くにあたり、新しい技術、コンピュータやガジェットが大好きです。色々興味を持ち、購入したりし、色々失敗したりもしました。技術者および研究者としての観点から私が興味を持った製品をレビューしたいと思います。
Key Word: 電化製品、コンピュータ、ガジェット
こちらから

旅行記

 国内、国外問わず、色々な地域を訪問します。そこに行くまでに、電車の乗り方など現地の情報を調べるのに苦労したことがありませんか? 私は結構サバイバルな旅行が多いので、そういう観点からもまとめていきたいと思います。これも、外国でせっかくだから書いています。
こちらから

簡単な実験

 身の回りの簡単な現象を実験して、それを示して行きたいと思います。専門の機材などを使って、普通の人の興味がありそうな現象を見せていきたいと思います。第一弾としてはミルククラウンを高速度ビデオカメラを使ってとってみたいと思います。帰国後、暇な時にやります。

お問い合わせ

 このホームぺージについてのお問い合わせは以下のアドレスまで

inserted by FC2 system